パリピポ RSS

http://twitter.com/ninja_tottori

Archive

Jul
26th
Sat
permalink
統計のテストなのに1回のテストで単位決めるとか、標本の大きさが足りないだろ
Jul
25th
Fri
permalink

7at1stroke:

スクフェスだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

(via tsuyoshi)

Jul
22nd
Tue
permalink
まあ、生産性の低さの一番の原因は、行き過ぎたお客様第一主義だろうな。無茶な納期を要求したり、好き勝手を言う客の要求を満たすために長時間労働が行われて、結局はリーマンが犠牲になっているからな。日本の場合、生産性や効率を無視してでも、客の満足度を優先してしまうので、サービスを提供する側の負担は増える一方。しかも客が過剰サービスを当然なものだと受け取ってしまってるので、調子こいて好き勝手言うヤツが多過ぎ。ちょっとでも応対が悪いと説教始めるようなバカな客がいるからなw。しかもどんな理不尽なクレームにも店員は一方的に謝るばかりだしww。
Jul
18th
Fri
permalink
umamoon:

asiamoth:
幼稚園バザーでの話。みさえが数日かけて編んだ下手くそなマフラーだけ売れ残ってて、みさえが席を外した間にひろしがマフラーを買う。みさえはそれを知らないしひろしも何も言わず、家を出てから外でマフラーを巻いて会社に行くひろし。

umamoon:

asiamoth:

幼稚園バザーでの話。みさえが数日かけて編んだ下手くそなマフラーだけ売れ残ってて、みさえが席を外した間にひろしがマフラーを買う。みさえはそれを知らないしひろしも何も言わず、家を出てから外でマフラーを巻いて会社に行くひろし。

(via plasticdreams)

Jul
10th
Thu
permalink

(Source: keiops, via yellowblog)

Jun
24th
Tue
permalink
Jun
20th
Fri
permalink

bahijd:

ca-tsuka:

Ping Pong animations by Bahi JD (see more on twitter).

 バヒ・JD: layouts and roughs that I did. レイアウトとラフ原画

(via sleepmachine)

Jun
13th
Fri
permalink

FPSとかTPSはとにかく人気がある。ソニーやマイクロソフトのハードで発売される海外ソフトの半分以上[要出典]がその手のゲームだろう。
人気があるのは面白いからだ。しかし、同じジャンルで大量のゲームが出ると、ほとんど差がなくなってしまう。リアルなグラフィックになり、逆に個性を失っているようにも思える。

Splatoonはスクリーンショット1枚で伝わってくる圧倒的な個性がある。原色2色のインクがステージを彩り、愛嬌のあるキャラがいる。
SplatoonがTPSの目的を「銃で敵を撃つ」から「インク銃でナワバリを奪い合う」に変えた。するとどうなるか。

「FPSやTPSは残酷で血なまぐさい」→カラフルなビジュアルで子供でも楽しめる
「どっちが優勢か数字の上でしか把握できない」→マップに塗られた色を一瞬見るだけで分かる
「戦況把握が難しい」→色が混ざり合っている場所が激戦区
「下手な人は上手い人のじゃまになる」→敵を倒せなくても、インクをばらまくだけでナワバリ拡大に貢献できる。
「隠れてスナイパーライフルで狙うだけの人がいる」→倒した数が重要視されないのでやる意味が少ない
「操作が複雑」→リロード、隠れる、高速移動、壁登り等を「イカになってインクに潜る」に一本化し、ボタン一つに集約

まだまだ他にもあるだろうが、FPS/TPSにおける複数の問題が一気に解決した。これが宮本茂の言う”アイデア”だ。
格闘ゲームの目的を「敵のライフを0にする」から「敵を画面外にふっとばす」に変えたスマッシュブラザーズに通じるものがある。

permalink
permalink
町山智浩:だから、たとえば…コーラを提供していた会社があって、コーラがダメだって禁止された。「じゃあウチは、100 % 果汁のオレンジジュースも出しているから、そっちを導入します」っていうやり方をするんですよ。

山里亮太:あぁ、なるほど。

町山智浩:でも、給食に結局、その企業は、入ったままなんですよ。でも、本当は100 %オレンジジュースっていうのは危険なものなんですよ。糖分の量がものすごく多い。

山里亮太:あぁ、そうか。

町山智浩:自然界には全て、糖分を摂ろうとすると、繊維が入ってるんですね。完全な糖質のまま、純粋に存在する食べ物って世の中にはないんですよ、実際には。

山里亮太:はい。

町山智浩:だから、果物を食べると一緒に繊維も摂るから。繊維も摂るとゆっくり吸収されるんで、全てゆっくりエネルギーになるんですね。ところが、繊維を取り除いたジュースは糖分だけが入るんで、体の中でいきなり、大量に吸収されてしまって。消化できないからほとんどが脂肪になっちゃうんですよ。

山里亮太:へぇ。

町山智浩:本当だったら同じカロリーであっても、じっくり何時間もかけてエネルギーになるのに、燃焼できないで、全部脂肪になっちゃうんですよね。だから、100%ジュースってダメで、繊維が入ってないと意味がないんですよ。